和光人 卒業生インタビュー

バックナンバー

このページは和光で学び、今様々な業界で活躍されている方にお話をうかがうコーナーです。インタビューを受ける和光卒業生の率直な言葉から、和光学園がどんな学校かを感じてみてください。

 

Vol.01 栗原 努さん(リトル・クリーチャーズ)

栗野 宏文さん
   栗原さん

ー栗原さんは高校から和光ですか。

栗原:中学から。だから10年間鶴川に通ってた。思春期の一番大切なときを鶴川に捧げたよ(笑)。

-リトルクリーチャーズは高校で結成したんですか。

栗原:もともとは中学でギターボーカルの青柳(拓次)と会って、高校から(鈴木)正人がベースで入っ てきて。そう、どっぷり和光。  

-ノイズオントラッシュの山崎(円城)さんとは。

栗原:大学。円城は大学だけ和光。俺の1コ上で。バイクとか好きでね。

-ダブルフェイマスの栗林(慧)さんは。

栗原:あいつは小学校から和光。一番和光っぽくないけどね。  

-ジャズ研に入ってた方もいらっしゃいますよね。

栗原:ジャズ研はね、フルートの岡田(真由美)とトランペットの坂口(修一郎)。あ、でも俺もジャズ研だったんだけどね。3週間ぐらいで喧嘩してやめちゃってさ(笑)。  

-覚えている授業はありますか。

栗原:一番印象的だったのは、歴史関係の授業で。李先生っていう教授の授業。あの人の授業ってほら結構厳しい感じでしょ。逆に、凄い俺は好きな先生で。言ってることが凄い正しいなと思う。一番覚えてるのが、もともと日本は中国のことを差別して、支那って呼んでたでしょ。日本はジャパンと呼ばれてる。それを中国で書くと、野蛮になると。音だけでとると野蛮って書くんだって。それをあなたたちは言われて気持ちいいんですかと。それがね、一番印象に残ってるかな。

(2004年4月掲載)


栗原 努(くりはら つとむ)

リトル・クリーチャーズ(little creatures Dr/Per/etc.) 1971年生まれ 1990年和光大学経営学科入学 94年3月卒業 Double Famous、Noise on Trash、Lim等の活動の他、多くのセッションに参加。

このページのトップへ

和光学園に寄せられた言葉:

  • 私が仕事を行う上で、御校のサイト、特に日々のブログ的な部分をとても参考にさせていただきました。(会社経営者さま::北海道)
  • 自分らしく生きるってことを教えてくれたのは和光だったと思います。(卒業生:イタリア、サルディーニャ在住)
  • あれだけ苦手だった水泳を克服できたことは、息子にとって今夏の一番の出来事となりました。(ちびかな参加児童の保護者さま)
  • 「ここの中学生はしあわせですね」(中学新入生歓迎運動会を取材された新聞記者の方)