学園の沿革

和光学園の沿革

和光学園の沿革  和光の誕生

1933(昭和8)年11月10日、世田谷区経堂に、教職員7名、児童数33名の小さな私立の学園が誕生しました。

 大正から昭和にかけて、大正デモクラシーの時代的な背景を受けて、数多くの私立学校が誕生していきました。その中で、自由な環境の中で個性重視の教育を求めた親たちが集まり、自ら校舎を建て、教師を集めて新しい学校を創ろうという動きが生まれました。成城小学校を母胎とし、当時は校舎もなく校名すらもなかったこの学校こそ、後の和光学園和光小学校の始まりでした。

1934年和光小学校建築途中の新校舎の前で  和光小学校初代校長に就任した吉田慶助は、和光学園の発足にあたり、300年前に清教徒をのせ、移民のために新大陸をめざしたメイフラワー号の話をして、児童・教職員・父母に自由な学園を創る希望と決意を語ったそうです。

そして1934年4月から、正式に「和光」という学園名の私立学校としてスタートをしました。東北帝大で中国哲学、とりわけ老子を専門とした吉田慶助校長が、老子の言葉にある「和光同塵(わこうどうじん)」からとったと言われています。「和光同塵」−すなわち、高見にたって知をひけらかすのではなく、塵の中に交わってその中で光るような知を備えた人間こそ価値がある−という思いの表れといえるでしょう。 和光学園は創立にあたって教育方針に、

  • 定員を少数に限り、個別的教育をなす
  • 自学自習を補導し、学習興味を喚起す
  • 情操教育を重んじ、品性の陶冶に資す
  • 郊外の健康地に位置すれば、児童の健康増進に益あり
  • 人格陶冶は和光教育の根本精神なり

を掲げ、「児童・父兄・教師三位一体」の精神を大切にした教育活動を推し進めていきました。

敗戦、そして戦後の実験学校としての再出発

第1次大戦後に創設され、日本で最後の新教育運動により生み出されたた和光学園は、やがて日本が第2次世界大戦に突き進む中、苦難の時代を送ることになります。ファシズム支配の厳しい管理統制の中で、自由な私学教育の発展する余地はありませんでした。それでも、激しい空襲や学童疎開などを乗り越え、「和光の灯」は消えることはありませんでした。「和光」は再生の日を待ち続けたのです。

創立当時の和光小学校(caption)

敗戦を迎え、まだ東京が焼け野原であった1946年、和光小学校は授業を再開しました。教員3名、児童9名での再出発でした。1947年には、新学制に向けて和光中学校の設置認可がおりました。そして和光学園が戦後教育の中で注目を浴びるようになるのは、 1950年にコア・カリキュラム連盟(現在の日本生活教育連盟)の実験学校になった時からです。コア・カリキュラム連盟には、日本の多くの教育研究者や学校、教師が参加し、日本の新教育運動に大きな影響を与えました団体でした。さらに、1954年に日本最初の「ユネスコ協同学校計画」の参加6校のひとつとして和光中学校が認められたのです。

この時期、コア・カリキュラム連盟とのつながりで春田正治を校長を迎え、1950年には高等学校が開校、53年には幼稚園が開園されました。さらに 1966年には、「これだけ数ある私立大学のなかに、もうひとつ大学を作るからには、小さくてもいいからダイヤモンドのような本物の光を放つ大学を創りたい」という理念をもつ梅根悟を学長に迎えて、和光大学を建設。和光学園はついに総合学園の仲間入りを果たしたのです。

現在の和光

和光学園の創設から今日までの70有余年間の発展は目をみはるばかりです。創学時の児童数33名から比べると、現在の児童・生徒、学生の総数5700名を越え、教職員も専任者が300名をこえる総合学園となりました。しかし、創立以来、半世紀を越えてもなお、大切に受け継がれているのは、「子ども中心」の学校づくりです。

「教育なら和光」という期待にこたえるよう、なお一層の学園づくりに励んでまいります。

このページのトップへ

 

和光学園に寄せられた言葉:

  • 私が仕事を行う上で、御校のサイト、特に日々のブログ的な部分をとても参考にさせていただきました。(会社経営者さま::北海道)
  • 自分らしく生きるってことを教えてくれたのは和光だったと思います。(卒業生:イタリア、サルディーニャ在住)
  • あれだけ苦手だった水泳を克服できたことは、息子にとって今夏の一番の出来事となりました。(ちびかな参加児童の保護者さま)
  • 「ここの中学生はしあわせですね」(中学新入生歓迎運動会を取材された新聞記者の方)